読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年4月4日 ②

13時過ぎ。覚王山の定食屋はほぼ満席。空席を探して本棚の裏側の3席をのぞきこむ。満席。突っ立って待っていると、奥の厨房から一番元気な女性スタッフが俺に向かって大きな声であいさつしてくる。「いらっしゃいませー!おひとりさまですか?」この辺で…

2017年4月4日 ①

兄は大学卒業後、東京に移り住んだ。「荷物を減らしたいから」とその時沢山の本を貰った。その中にドストエフスキーの『罪と罰』があった。けれど今まで一度も最後まで読み通せたことがない。いつも途中で読むのを辞めてしまう。 しかし今回は読めそう。 ---…

雨後の街を歩く

テレビをつけるとN響クラシックがやっている。指揮者は白髪ではげている。賑やかな式典調の間の指揮の動きがとてもコミカルで、それを何秒も映し続けるのだからまともに見ていられない。木製弦楽器、金属製管楽器、ティンパニ、それぞれの見せ場の指先の動き…

覚王山

覚王山ひらき。入ってすぐ雑誌置き場にささった週刊プレイボーイのどぎつい表紙。グラビアアイドルが1ダースくらい、重なり合ってるやつ。オイルでつやつやした肌に、赤いスパンコールの水着。バックは真っ暗。日替わり定食A。まず蒸し鶏サラダだけでてきた…

わたしは漁夫 ボラとりにゆく

わたしは漁夫 ボラとりにゆく新井 豊美魚市場でとれたばかりのボラの頭が切り落とされ切り口からどっと赤いものがあふれ出すのを見た頭のないボラの銀色にくねる胴を男はわし掴みにして立ち去り男の動作はすばやく血潮の中に頭と内臓がしんと残ったそれは実…

大須・名古屋散策 友達と

5月28日土曜日。15時30分に名古屋駅の広小路口で友達と待ち合わせ、まずは大名古屋ビルヂングへ。彼は大学時代の友達で、今は大阪に住んでいる。2016年になってから初めて会う。 明らかに前髪が薄くなっていたのでそのことを指摘したら、本当に悲…